読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の庭から、つれづれ生き物観察記

北の庭暮らしの仲間、犬、猫、鶏たちの奏でる愉快なハーモニー。彼らの暮らしを徹底観察‼︎

我ら、福寿草観察隊

やっと、雪がとけて陽射しも強くなってきて、夜明けも早くなりました。

ずーーーっと冬の間、楽しみにしていた球根があちらこちらから、ニョキニョキと顔を出し始めています。

 

あらっ!
f:id:souldance225:20170412182901j:image

ギョウジャニンニクの芽も姿を現し♪

 

 

ポカポカ、あったかい日には上着も要らない。

犬猫鶏、わらわらと外へ出て散策開始!

気づけば歌を口ずさんでいます。
f:id:souldance225:20170412180839j:image

 

わたしの最近の一番の楽しみは、野に咲く福寿草に会いに行くことです。

黄金色した、ツヤツヤな花たちを見ると、あぁ~、春が来たなぁってうっとり。

ずっと眺めていたい。


f:id:souldance225:20170412170746j:image

地面から咲く花を、ずっと心待ちにしていたから。

春一番に、誰よりも早く、誰よりも元気に逞しく咲く福寿草が、大好きなんです。

 

今日は、朝から不意打ちの雪が降り、福寿草も花弁を閉じて、寒さに身を寄せ合うようにしていました。

午後になって太陽と青空が戻ってくると、すこしだけふんわりと顔を上げていました。


f:id:souldance225:20170412182324j:image

 

福寿草は日当たりの良い斜面を好みます。

家の敷地の入り口に、大きな群落がひとつあって、これは年々大きくなっている気がします。

もうひとつ、家から少しはなれた雑木林の淵にも大きめの群落があります。

これを、犬猫と連れ立って観察に行くのです。時間は、朝だったり昼だったり、夕方だったり、色々。

先に犬達と連れ立って歩いていくと、庭で遊んでいたネロが慌てて追いかけてきます。

そして、短い尻尾を上げて全員に挨拶して周り、さぁ、行くよ、と先頭に立って張り切って歩くのです。


f:id:souldance225:20170412180911j:image

ここは彼の縄張りなんだろうね。

 

ほとんど目の見えなくなったカイリばあちゃん、最近は歩いている途中でぼーーっと立ち止まってしまうことも多いです。

そんなとき、ネロはカイリの元に行き、ぐるっとカイリの周りをまわります。

すると、カイリもハッ!!としてまたネロを追うようにして歩き始めます。

わたしにはこれは、ネロが意図的にしているようにしか見えません。


f:id:souldance225:20170412181033j:image

なので彼はよく、カイリばあちゃんを引き連れて歩いています。

そんな様子が、なんだかとても優しくもあり、頼もしいなぁと、悠々と先を歩くネロを見て思うのです。

かいかぶりすぎでしょうか。

 

f:id:souldance225:20170412181124j:image

そうして歩いていくと、福寿草たちを発見!

ポツポツと黄色く咲いています。

まだまだこれは序盤、この後の群落の花たちがいっせいに咲く姿は本当に見事です。

この黄金色を、青空と一緒に写真に収めたいのだけど、なかなかチャンスは巡ってきません。

福寿草の開花期間は短く、一週間程度です。

そういうわけで、私たちは頻繁に様子をチェックしに行くのです。


f:id:souldance225:20170412181243j:image


f:id:souldance225:20170412181259j:image

※カメラとの間に割り込む隊長

 

今日も福寿草観察隊は、強風に煽られながらも、任務を遂行して参りました。

ネロ隊長は、あまりの強風に、先に家に撤収されてしまいましたけれど。

ジュシの耳が風で立つくらい強い風だったから、身体の小さいネロには厳しかったはず。

次回からは、ジュシの耳を見て、行くかどうかネロ隊長と相談だね。


f:id:souldance225:20170412181517j:image

耳が立つと、いつもよりめっちゃよく聞こえたりするの??

ジュシに聞いてみたいです☆

 

 

 

◆オマケのエピソード◆

f:id:souldance225:20170412181641j:image


f:id:souldance225:20170412181700j:image

一瞬のうちに姿を消した隊長を探す私に、隊長は家に居ますよ、と仕草で教えるジュシ。

上の写真では、家の方をしっかり見て確認。

下の写真では、私の元にやってきて、伝えようとしているところ。

やや左側(家のある方向)に重心があります。顔を左に傾けつつ、こちらにアイコンタクトを送り、そして何度も左を見て、あっちあっち!とわたしに知らせています。

 

ほんまに?あっち?もう家にいるの?と少々疑いつつ帰ると、ほんとに家から隊長が出てきました。

動物はすごいです、ほんとに。

私たち人間が、どんなに頑張っても出来ないことが、いとも容易くできるんだから。

そう言えば、ジュシはキツネに襲われて、草むらに隠れている鶏を見つけてくれたこともありました。

雪に埋まって全く見えないテニスボールも、広いフィールドから鼻だけを頼りに見つけてしまうくらいの嗅覚だから。

ネロ隊長がそそくさと家に帰ったことぐらい、目に見えるように分かっていたのだろうね。すごいなぁ。もう。

ジュシと意思疎通できたような、こんな瞬間が嬉しくて仕方ない私でした。

そしてまた、こんな何気ない日常が、愛おしくて仕方ない春なのです。

I want something just like this ♪

The Chainsmokers & Coldplay - Something Just Like This (Lyric) - YouTube