北の庭から、つれづれ生き物観察記

北の庭暮らしの仲間、犬、猫、鶏たちの奏でる愉快なハーモニー。彼らの暮らしを徹底観察‼︎

招かれざる客

 

 

ある晴れた5月の朝のことです。

 

窓から外を見ていた夫が

 

なんか変なやついる‼︎

 

と叫びました。

 

 

なに?!

 

同じく窓の外を見ると、そこには家の小道を

ヒョコヒョコと嬉しそうにして、こちらへ走ってくる黒い物体がいるではないですか!!!

 

 

あれは!!あのシルエットは!!!

 

それは最も家で遭遇したくない生き物でした。

 

全世界中の動物を、全て同じ大きさにしたら、最も強いだろうと言われる動物。

 

食物連鎖ピラミッドの頂点にいる、そう、あれですよ!

 

イタチ族ですよ!!

 あぁ、とうとうウチまで来てしまったのですか。。。

 

黒い焦げ茶色したヤツは、よく見ると全身ビショビショに濡れていました。

 

家のすぐ側に流れる、用水路を泳いできたのでしょう。

 

一年くらい前、夫が通勤途中、近くの川でミンクが泳いでいるのを見た、

と話していたので棲んでいるんだな~、気をつけないとな、敵にしたくないなぁと思っていたけれど。

 

遂に川泳いで家の横の用水路まで、上って来ちゃったかぁ。

 

実はわたしなぁ、大学時代にフェレットと暮らしてたことあってなぁ。。。イタチ族も大大大好きなんよ。。。

 

 

な~んて呑気に眺めている場合ではあらへんで!

 

 

鶏の存在に気づかれたらお終い!!

 

養鶏家さんが、イタチに鶏を全滅させられた話は度々耳にしていたし、

ヤツらは遊びでやってしまうから、たちが悪いという。

 

最悪の事態を想像して、ぞぞぞーーっと血の気が引きつつも、うかうかしておれん、

一刻も早く追い払わなければ!!!

 

犬と外へ出ると、すぐに犬はヤツに気づき猛ダッシュで追いかける。

 

と、間一髪逃げたヤツは、スルリとウッドデッキの下に入ってしまった!

 

あらら、困ったことになったー!

 

薄暗いウッドデッキの下は、いろんな動物が隠れたり休んだりする、動物にとっては絶好の隠れ家。

 

面積も広いから、右から攻めても左に逃げられるわ、

 

左から攻めても、右に逃げられるわ。

 

さてどうしたもんかね。。。

 

夫と挟み撃ちでやるしかない!

 

っつーかさ、追い詰めたところでどうする?捕まえる?

生け捕りにしてどこか遠くの川にはなしにいく?

 

しばしの作戦タイム。。。

 

そうやな、逃げたって用水路がある限り、また来るし。

捕まえてみよう。

 

(って、この時、とっさに夫が持って来たの、虫取り網でね。

あとから冷静になって考えると笑えてしょうがない。)

 

まーそんなこんなで人間たちがワーキャーと騒いでおったら、我が家のヌシがのしのしと現れてね、

 

何を騒いどんじゃい、とずんずんデッキの下へ入ってっちゃった。

 

 夫、左護り、わたし右守り、ヌシ真正面から攻める形に。

 

ちょ、危ないて、ヤツにやられるで!!

 

心配性のわたし、必死に引き止めるも、ヌシにはどこ吹く風。

 

 

 

 

ーーーそしてヌシとヤツは出会ったーーー

 

 

 

 

シャーーーーッ!!!

 

口を思い切り開いて威嚇するヌシ。

 

これはなんかまずいことになったぞと、奥に奥に追い詰められるヤツ。

 

f:id:souldance225:20170602172036j:image

 

どんどん奥に追い詰めて、ヤツはとうとう立水栓のところまで追い詰まった。

 

その、立水栓のところって言うのは、唯一デッキに穴が開けてあって、上からでも手が入る場所。(上の図をご参照ください☆)

 

よっしゃ、いい場所に追い詰まってる!!

 

と思った途端、上で待ち構えていたジュジュ(犬)が、その穴からガッと勢いよく顔を突っ込んだ!!!!

 

 

ギャギャッ!!!

 

低い叫びが聞こえた。

ヤツがまさかの上からの攻撃にかなりビビったのであろう。

 

で、次の瞬間…!!!

 

 

 

 

オェェェーーーーー!!!!

くっさぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜!!!

 

じぬぅ(死ぬ;鼻つまんでるからね)ーーーーーー!!!

 

 

何とも言えない刺激臭が辺り一面に広がる。

 

これにはさすがのヌシも降参!

 

一同、デッキ周辺からそそくさと退散。

 

これが噂のイタチっ屁ちゅーやつか!!

恐るべし!!!

 

それは目にきそうな位の悪臭でした。

 

 

こまったなぁ〜、これじゃ捕まえられへんやん!

万が一、虫取り網で捕まえたとして、絶対この一撃でやられてしまう。

 

 

作戦変更。

とりあえずは、家の敷地内から出て行ってもらおう。

 

また犬が追い詰めて、匂い爆弾くらわされるとたまらんので、

ひとまず犬は離しておき、人間だけでそーっとデッキの下から追い出す。

 

するとヤツは困惑しつつも、物置小屋に走り去り、

薪置き場の薪の間にそのスリムな身体でスルスル、ドロン。

 

(ここら辺で夫も職場へドロンしました。

わたしとイタチのタイマンが始まります?!)

 

忽然と消えたヤツ。

でもきっと薪の間に潜んでいる。

そうだ、犬に聞いてみよう。

 

ジュジュを連れて来て見ると、案の定ここ掘れワンワン、と言わんばかりに攻め入る場所あり。

 

よっしゃそこやな!!

わたしは積んだ薪を、どんどんよけるよけるよけるよける。

 

夢中になってよけまくったのに、全部よけたのに、ヤツの姿はみじんも現れず。

 

ほんとに消えた???

 

もう一度、犬の様子を見てみる。

と、薪置き場から奥の草原へと、しつように地面を嗅いでいる。

どんどん奥の草原に行きたそうだ。

 

ということは、逃げられたな。。。。

 

はぁぁぁぁーーーー

 

そらじゅうに転がった薪を見てげんなり。

これ、戻すのぉ?!

 f:id:souldance225:20170602171810j:image

 

ヤツは相当手強い。

気を引き締めていかなければ。。。

 

その晩、夫は仕事から帰るやいなや、鶏小屋の気になっていた隙間を

コンクリートで埋めました。

 

 

To be continued...

 

 

 

□オマケ□

わたしが薪と格闘していたその頃。

臭いに参ったヌシは、かいり婆ちゃんとのんびり夢の中でした。

f:id:souldance225:20170602172349j:image

草の上は気持ちがいいニャンね〜♪

 

 

 

 

 

広告を非表示にする